恋と結婚は別物?それぞれの活動の違い

今は「婚活」とは別に「恋活」という言葉も良く耳にすることが多くなりました。似て非なるこの2つの活動ですが、ではどう言った違いがあるのかを解説していきたいと思います!

恋活と婚活はこう違う!2つを比較してみた

恋活

恋活とは、結婚を目的としない「恋をするための活動」です。結婚相手よりも、じっくり恋を育んで素敵な恋人がほしいという方が取り組む活動です。一度結婚を経験したアラフォーの方や、ときめきを求める人に人気です。

婚活

婚活は、結婚をゴールとして「結婚相手を見つけるための活動」です。自身の結婚相手の条件や年齢に合わせて相手を選ぶことができますし、お互いが結婚を視野に入れて付き合うことができます。婚活イベントや結婚相談所を利用して探す人が多いです。

最初から真剣になれる

プロポーズ

アラフォーでの婚活は今や珍しくありません。なぜなら30代の半ばまでは仕事で忙しい人が多く、婚活を始めるのはひと段落した30代後半からという人が多くいるからです。アラフォーにもなると異性を見る目が養われている人が多いのも特徴です。そのため下手な先入観をもたず、相手自身を自分なりの基準で見ることができます。アラフォーだからと結婚相手を諦める必要はありません。むしろ真剣に結婚相手を探している人が多いので、お互いに遊び相手ではなく結婚する気のある人を引き寄せることもあります。

スピードが早い

相談

結婚のタイムリミットが迫っていると考えているアラフォーの方もいるため、一度真剣なお付き合いが始まると結婚までのスピードが早いのもアラフォーの婚活の特徴です。結婚するかしないのかといった意思疎通も積極的に図ろうとするので、複雑な恋の駆け引きも起こりにくいです。たとえアラフォーよりも下の年代とお付き合いすることになっても、相手もそれとなくアラフォーの事情をわかっています。早い結婚を希望していることなど、言わなくても相手に伝わるということです。

結婚の時期を確認

男女

アラフォーの婚活の場合、思い切りの良さが必要です。例えばお付き合いを始める時はその期間を設定しておくようにしましょう。半年交際してみて結婚を1年以内にするといったような感じです。2人の時間である恋愛期間を楽しむことは結婚してからでもできます。まずはお試し期間に相手をよく見定めるようにしましょう。もしもその期間に結婚する意志が感じられなかったら、お互いの結婚への意識が合わなかったと考えればいいだけで年齢のせいとは限りません。意思疎通のためにも相手の結婚への意識を確かめておくことは大事です。

チャンスを逃さない

パーティー

アラフォーでも結婚できるチャンスはいくらでもありますが、逆にチャンスがありすぎると途中で悩み始め結婚への歩みをゆるめてしまう場合があります。同じチャンスが二度訪れるとは限りませんし、アラフォーにはアラフォーのときにしかできない婚活があります。婚活中に悩むのは誰しも当然のことですが、それで歩みを留めるのではなく次のステップへと進んでいきましょう。